副住職の法話推敲記録ノート

信じれば救われるのか?

2012.9.22
⇒前回からの続きです。

戦時中、
ユダヤの子どもたちが、

ナチスに追われて、誰も居ない教会に逃げ込みます。

まだ、
年端の行かない小さな女の子が、
マリア像に尋ねます。

「 ねえ、神さま。私たちの神さまは、どこに行っちゃったの?

私たちの神さまは、今、いないから、
私たちは逃げ回らなくちゃいけないの。

早く出てきてくれないかしら? 」

その映画の結末は忘れてしまいました。
が、そのシーンは鮮明に覚えています。

果たして、神を信じれば救われるのか?

ホロコーストなど、
この世の地獄を目の当たりにしたユダヤ教のある生存者は、

「 神は存在しない 」ということが分かったと発言しています。

一方、
アウシュビッツ収容所では、キリスト教の司祭が
自ら餓死刑者の身代わりとなり、祈りの中で死を迎えました。

仏教の観音経では、
「 ・・・
あるいは巨海に漂い流されて、龍魚緒鬼の難あらんに、彼の観音の力を念ずれば、波浪も没むことあたわず。
・・・
あるいは悪人に逐われて、金剛山より堕落せんに、彼の観音の力を念ずれば、一毛をも、損ずることあたわじ。
あるいは各刀を執りて、害を加うるに値わんに、彼の観音の力を念ずれば、咸く即ち慈心を起さん。
あるいは王難の苦に遭い、刑に臨み壽終らんとせんに、彼の観音の力を念ずれば、刀尋いて、段段に壌れん。
・・・ 」

海に漂流しても、観音さまの力を念ずると、波が静まったり
悪い人に追われても、観音さまの力を念ずると、髪の毛一本も失うことがなかったり
刀を振り回して襲われようとしても、観音さまの力を念ずると、悪人が慈心をおこして改心したり、
死刑となってまさに刑が執行されようとしても、観音さまの力を念ずると、刀がこなごなになってしまう。

などなど、
観音さまの力を念ずればたちどころに改善されるという内容のお経があります。
この観音経はよく法事の際などに幅広く詠まれています。

本当に、
神や仏を信じれば、このような「 奇跡 」が起こって、
私たちは救われるのでしょうか?

それらの「 奇跡 」は、
宗教誕生以来ずっと、
私たちの願望、空想、神話、物語、映画などで、
まことしやかに語り続けられていますが、

イマジネーションの世界でそれらは可能でも、

残念ながら、現実問題
その「 奇跡 」は起こりえません。

「 奇跡 」が起こって救われることはないけれど、

アウシュビッツで獄死した司祭のように、
「 神 」に抱かれて亡くなるような境地になるならば、

ようやく人は神に救われるということになるのでしょうか?
<続く>

※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ