副住職の法話推敲記録ノート

信じると良いことがあるのか?

2012.9.26
⇒前回からの続きです。

宗教を信じても!?

現実問題として、
奇跡 」は起こりえませんが、

精神的に救われて、
現実を受け入れ、あるいは、
それを神の意思として受け入れるような境地で、

心が救われる 」ことが充分ありえます

つまり、
信じれば救われる 」の本当の意味は、

世界が変わるような
奇跡 」は起こらないけれど、
私の内面が変わって
「 精神的 」に 救われる という意味です。

それを
歴史が証明していると私は思っています。

でも
私たちは、強く願っていれば叶えて欲しいという、
願い、想い、煩悩を持っていますから、

なかなかその現実は、受け入れられないものかとも感じています。

さて、究極の問いはここでおいて、
次は、

信じるどんな良いことがあるのか? 」

です。

これについて私は、
以前、

神などの宗教を信じることは、
心の拠りどころ 」となり得る!

という観点で表現をしたことがあります。

関連記事は順番で、
⇒「 信仰心 」
⇒「 夢を持ち続ける信仰心 」
にあります。

そう簡単に、夢を持ち続けることはできませんが、

神や宗教を信じることで、
それが「 心の拠りどころ 」となり、

夢の可能性を追求することができることがありえます。

このシリーズでは、
神を信じること以外についても、
夢を持ち続ける「 心の拠りどころ 」について書いていますので、

ご興味のある方は、
⇒「 心のよりどころ 」シリーズ を一通りご覧くださいm(_ _)m

ご参照はさておいて、
信じるどんな良いことがあるのか? 」

実は、
大抵の初歩的なことは、

信じて 」行えば、
信じない 」でやるよりも、

間違いなく 成功確率が高い のです。
<続く>

※当然のことながら、このブログはあくまで私の個人的な解釈です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ