副住職の法話推敲記録ノート

「4月8日は、四つ葉のホットケーキで、お祝い!お釈迦さまの誕生日」

お寺に入る前の職場の機関紙に文章を投稿させていただいています。
その32です。

『4月8日は、四つ葉のホットケーキで、お祝い!お釈迦さまの誕生日』です。

aichiminiren201802

『先日、東海テレビの『ブラ迷相談部』に出演させていただきました。

私の相談、悩みはこの連載で何度も書きました
4月8日のお釈迦さまの誕生日を、
クリスマスのような国民的行事にするには、どうしたら良いか?」です。

収録は、
台本無しのぶっつけ本番のフリートーク

ブラマヨの吉田さんが何を提案するのかは出たとこ勝負

その提案に対して採用するか?しないか?は、
その場で判断してください。
その提案ができなければできないで、はっきりと不採用にしてください。
やるといって実際にやらなかったりすると番組として一番困るんです」と言われて、


いったい
どんな内容になるんだろう?と
本番前の不安と緊張が高まります。

 

いざ本番!
ブラマヨさんに「4月8日」がお釈迦さまの誕生日だと伝えたあと、
自信満々に『4月8日は覚え方があるんですよ。「四苦八苦」で覚えてください!』と言ったら、

いやー4月9日がでてくる!9が入ってますやん!と二人から全否定
のっけから怪しい雲行き

「4つの苦しみと8つの苦しみで数字は4と8しか無いんですよ。
苦は9じゃなくて苦しみのことなんです」と説明しながら、

なるほど、確かに一般の人は、
四苦八苦=4989という語感に惑わされるかもしれないなと思います。

 

「真面目に行事をしているだけでは、なかなか広まらなくて。
楽しいことで広げようと思って『ホットケーキ(仏ーキ)』を食べる日にしたいんです」と言っても、

え?ホットケーキ?わかりにくい?日本の行事なのに洋菓子?
とまたまた怪しい雰囲気に。

(まずいっ)と焦ります。

 

「このホットケーキは、実は、『吉本の小籔さん』が提案されたことなんですよ」

え?小籔さん?新喜劇の?
早く言ってもらっていいですか?
さんざん悪口みたいなの言ってしまいましたやーん!

 

ここでスタジオ中が一番の笑いに包まれ
空気が一変!

ブラマヨの2人から、
建設的で素敵な提案が次から次へとでてきます。

― クリスマスには歌があるけど、4月8日にはないよね!歌を作ったら?
本当ですね。気づきませんでした。4月8日の歌って知らないですね。
ジングルベルや山下達郎さんの歌とかで広がってますね」

― 歌なら作るけど。
「え?本当ですか?

― 小杉の「ヒーハー」4と8で「シーハー」にしたり。
「作っていただいた歌の間に、入れてもらえますか?

 

― 前日の寝る前に枕元に、足袋を置いて何かしたら?
「足袋に、ホットケーキ入っている」
― どんだけホットケーキ好きやねん。

 

そして極めつけは、
― 四つ葉のクローバーホットケーキはどう?四つ葉で4と8になる
四つ葉のクローバー『幸運』の意味にもなるし、4と8もわかるし素敵ですね」

ハート形のホットケーキを4つ並べれば、クローバーの形になるし、
抹茶味とかで緑色にすればもっとクローバーになるよ。

 

そんな細かなところまで、
とても丁寧に提案をしていただいて
なんという親切心。

これほどまでに相談者の立場にたって、
親身に提案いただけたこと。

予備知識なしで、
いきなりこんなに凄い案が出てくる発想力の凄まじさ

これぞ人気芸能人という力量に圧倒され、
感動に浸っているうちに収録は終了しました。

 

結果、もちろんブラマヨさんの提案は採用させていただいて
名古屋でのPRイベント永正寺のマルシェ企画の中で実現し、
広げていく準備をすることにしました。

その様子も後日番組で放送していただけると思います。

 

収録された内容がどのように編集されて番組になるのか楽しみにしていました。
4月8日の歌の作曲はてっきり吉田さんが「ミック」という別名で作ってもらえると勘違いしていましたが、
番組を見て「ミックさん」が別に存在するということを知りました。

 

どんな曲になるんでしょう?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ