お知らせ

永正寺メルマガ第16号 2013.6.17

■□――――――――――――――――――――――――――――――――――□■

「寺おこしの会」提唱! ひそかな注目の『 永正寺 』 あれこれ通信
■□―――――――――――――――――――――――――― 2013.6.17 ――□■

━━━━○ I N D E X  ○━━━━━━━━━━━━━━
1.はじめに………
「母さん助けて詐欺・振り込め詐欺」対策について思う

2.イベント情報………
日曜友引朝市、坐禅会情報( 6/30、7/28 )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1.はじめに  ━━━━━━━━━━━━・・・‥‥‥………

空梅雨の蒸し暑い日が続いていますが、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

最近、「母さん助けて詐欺」という新名称が話題となった、
「振り込め詐欺」。

手口が巧妙に変化していき、一向に収まる気配がありません。

永正寺の檀信徒さん、また身近な方で、
被害にあったと聞いたことは今のところありませんが、
もし被害にあっても、わざわざお寺に報告もされないと思いますし、
今後、皆さんが被害にあわないようにと心配しています。

そこで、
この「母さん助けて詐欺・振り込め詐欺」の対策について、提言をしたいと思います。

これまでの「母さん助けて詐欺・振り込め詐欺」の対策は、
・怪しい電話の見分け方
・必ず本人に確認すること
・日頃から子どもとの暗号のようなものをつくっておくこと
・まず冷静になること
・とにかくお金を振り込んだり、渡したりしてはいけないこと

など盛んに、
警察もマスコミも皆、「 どうやって騙されないようにするか? 」とさまざま苦心しています。
しかし、その被害は一向に減りません。

これだけ、警察やマスコミが多くの機会を利用して宣伝しても、一向に減らないのは何故でしょうか?
被害を減らすための対策は、他に無いのでしょうか?
実は、私はこれまでの対策が、
「 どうやったら騙されないか? 」という「 防御一辺倒 」の対策にあることが問題だと思っています。

サッカーに例えれば、相手の多彩な攻撃に対して、
守備だけを11人全員でああでもないこうでもないと必死にしている。
対戦相手は、心おきなく自由に、全員が攻撃に専念し、
100回でも1000回でも、手を変え品を変え、
そのうち1回でもゴールが奪えればいいと、好き放題、前のめりで攻撃されているようなものです。

詐欺グループの立場で考えれば、
ほとんどリスクなく電話をかけ放題かけて、そのうち何件か引っ掛かればいいのですから、
全く、止めるはずがないのです。

ですから、
これからの「 母さん助けて詐欺・振り込め詐欺 」の対策は、
これまで通りの守備型とともに、新たに「 攻撃型の対策 」を取らなければと思います。

攻撃型の対策とは、
・騙されたフリをして、警察に通報し、現金受け渡し現場を押さえ犯人を逮捕する。
・騙されたフリをして、相手の携帯電話を警察に伝え、GPSや逆探知で犯人を逮捕する。
等の方法について、警察・マスコミが一大キャンペーンをはることです。

そして、「懸賞金」を付けることがより効果を高めます。

私たちの多くが詐欺グループの摘発に工夫して協力する雰囲気が出来上がれば、
詐欺グループも、おいそれと手当たり次第に電話をかけることができなくなると思います。

つまり、電話をかけることのリスクを作り出していくことがこの作戦のカギなのです。
いかがでしょうか?

これ以上の被害の継続、拡大を防ぐために、
関係諸機関に働きかけをしていくつもりです。
■2.イ ベ ン ト 情 報  ━━━━━━━━━・・・‥‥‥………

★6/30(日)、7/28(日)、8/25(日)日曜友引朝市と坐禅会
8:00から11:00まで、朝市とフリーマーケット、喫茶店の出店があります。
坐禅会(参加費500円)は8:00少し前迄にお越しください。
事前予約不要、9:00過ぎに終了予定。

▼過去のイベント・コンサートの様子などはこちら
http://eishojigyouji.blog.fc2.com/

——————————————————–
▼ご意見ご感想はこちらまで
t-eishoji@xj.commufa.jp

▼本メルマガの配信停止はこちらから
http://form1.fc2.com/form/?id=801288
——————————————————–
【発行元】
宗教法人 永正寺
〒483-8083 愛知県江南市高屋町中屋舗46
TEL : 0587-56-2584 FAX : 0587-54-5251
MAIL : t-eishoji@xj.commufa.jp
HP  :

http://t-eishoji.com
——————————————————–

 

 

ページの先頭へ