お知らせ

渡米40年、ニューヨークを拠点に活躍!『クニ三上 JAZZピアノコンサート@永正寺』

JAZZポスター20161023k

渡米40年、ニューヨークを拠点に活躍!
数々の名門ビッグバンドで演奏するJazzピアニスト
『クニ三上 JAZZピアノコンサート@永正寺』

ジャズの名曲の他、よく知られたクラシックやポップスもジャズアレンジ。
軽快なおしゃべりを交え、こどもから大人まで楽しめるエンターテイメント!
個性的なアレンジとハーモニー、美しい演奏とテクニック、
クラシックやオーディオファンをも魅了する演奏とアンサンブル🎵

 

<日時>

2016年10月23日(日)
19:00開演(18:30開場)

 

<出演者>
クニ 三上(ピアノ)
林 正男(ベース)
橋本 学(ドラム)

 

<演奏予定曲>
枯葉
イパネマの娘
ショパンノクターンNo.2

 

<チケット>
全席自由2000円

 

< 出演者プロフィール >

クニ三上(ピアノ)
1954年東京生まれ。19才でニューヨークに渡る。ライオネル・ハンプトン楽団、デューク・エリントン楽団等の名門楽団で演奏。自己のバンドやソロの活動では、国際交流基金の助成を受け、アフリカ、ヨーロッパ、アジア、中南米、オセアニア各地で招聘公演を行う。
毎年2回日本ツアーを行い、年間約50ヵ所で演奏。ピアノ教本、エッセイの著書もある。2010年から開催している「0才からのジャズコンサート」は各地で大好評を博している。妻、息子とニューヨーク在住。

ホームページ⇒http://www.kunimikami.com/jp/profile/profile.html

 

林正男(ベース)
’87年の夏頃に会社のサウンドフェスティバル出場をきっかけにウッドベースを始める。
その後はジャムセションに参加したり、仲間内で練習したりしていたが、’89年には社会人ビッグバンド”ビッグウィング・ジャズオーケストラ”に参加、浅草アマチュアジャズコンテストでグランプリを取り、オーストラリアに行ったりする。’90年から河原秀夫氏に師事。ライブや仕事をするようになる。
何年かは会社勤めと演奏活動を両立していたが、演奏活動がだんだん忙しくなって両立が難しくなり、’92年11月に退社。 以後、演奏活動に専念する。

ホームページ⇒http://www.tt.rim.or.jp/~884masao/

 

橋本学(ドラム)
幼少時7年程バイオリンを経験。
中学校吹奏楽部にてドラム・パーカッションを始める。
横浜国立大学入学後モダンジャズ研究会にて ジャズ・フュージョン活動を開始。
在学中にリットーミュージック社ドラムマガジン誌上ドラムコンテスト’98にて 「TOSHI・NAGAI賞」を受賞。
卒業後、インディーズバンド「GANA LOU」「STAY」を経てジャズ活動へ。
2000年横浜ジャズプロムナード・コンペティションにて 平田崇トリオで「洗足学園賞」受賞。
同年浅草ジャズコンテストにて、西本康朗カルテットで金賞受賞。
2001年横浜ジャズプロムナード・コンペティションにて 西本康朗カルテットでグランプリ受賞。
現在、多数のバンドで都内および近郊のライヴ活動を行いながらツアー・レコーディングも行う。
2005年~2013年まで橋本学trioを主宰、作・編曲を手がける。
2010年、台湾・台中Jazz Festivalにて演奏。
2011年よりhuman・beatboxにも挑戦。ライブではもちろん、まれにレコーディングや指導の依頼も来るようになる。
橋本学trioを解散の後、2013年よりソロ・パフォーマンスを毎回テーマを変えて開始、ツアーも行う。
2014年は、毎回メンバーの違う初顔合わせセッション企画「橋ワタシ学」シリーズを計6回、外苑前Z・imagineにて行う計画を立てている。

ホームページ⇒http:http://manabuhashimoto.com/profile.html

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ