葬儀・仏事

『蓮の実』について

新しい助け合いのかたち『蓮の実』

最近では、香典を受け取らず、お断りする葬儀も多く見られるようになりました。故人の遺志や参列される方への配慮などに加え、香典返しの煩雑さに伴う精神的負担もその理由の一つであるかと思います。

しかしながら、香典をお断りしてしまうと、ご遺族の方の経済的な負担が増すばかりでなく、故人とお付き合いがあった方々にも、ご遺族の負担を慮るあまり参列することに遠慮が生まれてしまうことにもなりかねません。また、参列された方に不幸があったとき、香典を受け取りづらくなることで、却ってその方のお家の負担につながってしまうことも考えられます。

遺された方々が気持ちに区切りを付ける儀式でもある葬儀は、ご遺族の方にとってはもちろんのこと、参列される方々にとっても大切なお別れの場です。永正寺では、香典という互助の仕組みを生かしつつ、日常に戻ろうとするご遺族の方の精神的な負担を少しでも軽減しようと、通夜・葬儀当日に香典の金額に応じて商品券をお返しする『蓮の実』という仕組みを提唱しています。

『蓮の実』の仕組み

あらかじめ、香典の金額ごとに、3分の1相当の商品券を入れた封筒を準備します。これを当日、香典をいただいた時点で金額に応じてお返しします。『蓮の実』という名称・表書きは、香典袋に印刷されていることが多い蓮の花が、「極楽で実って返る」という意味を込めています。

当日その場でお返しするので、葬儀後に品物を選んだり郵送したりする作業に追われることもありません。参列された方の人数が多かったり、故人の職場や交友関係に詳しくない場合でも心配がいらず、ご遺族の方の経済的な負担と精神的な負担を同時に解消できる仕組みだと考えています。

商品券だからこそ、予め用意しながらも、いただいた金額に見合ったお返しをすることができます。また、受け取られた方にとっても使い勝手が良いというメリットもあります。これまで多くの方にご利用いただいており、ご遺族の方と参列された方々に喜ばれています。

ページの先頭へ